moco+ accessory

アクセスカウンタ

zoom RSS 百年の時を経て・・・

<<   作成日時 : 2017/01/06 10:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像





このパンジーの押し花。。。
どこのものと思われますか?







昨年12月に自分の褒美に買った、
【アンティークブック】
のページに挟まれていました。



ぱらぱらとめくった一頁。
そのパンジーは、
染みひとつ残すことなくそこに居ました。。。



栞に使ったのでしょうか?
お庭で読んでいて見つけて摘んで挟んだのでしょうか?
押し花を作ろうとしたのでしょうか?
想いは巡ります。。。



このアンティークブックは、
いつも利用している
ヴィンテージのパーツ屋さんの、
サイトで見つけました。
アメリカ製ニューヨークの1911年発行の児童書です。



100年を超えるアンティークブックには、
人気のものはブランド価値があり、
状態が良いものは、かなり高いのですが、
こちらは、
普通の児童書とあってお値段も手が届く範囲。


装丁も素敵な色で、
『ピーターラビット』が好きな私にとって、
表紙のイラストは心くすぐられるものでした。
100年の時を経ても、外れたページが一枚もなく、
状態は良好でした。
少しですが、たまに挿絵もあって、
大好きな本の匂いもして。。。





パンジーの押し花は、
いつ挟まれたのかはわかりませんが、
私にとって、
とっておきのプレゼントとなりました。





画像
画像
画像
画像
画像















画像





こちらも、同時期に購入した、
【フランス製アンティークパフュームラベル】



数年前、こういったラベルで、
【moco+】のタグを作りたくて調べて探しました。
素敵なデザインのは、沢山見つけたけれど、、
でも、
手間がかかりすぎて断念しました。。。



とても小さいラベルなのに、繊細な絵柄。
金色部分には凹凸があって、
未使用品だとは思われます。
デットストック品でどこかに残っていて、
こうして日本に届いたというのも、
感慨深いですね。


見ているだけでため息がでるほど素敵な絵柄。
パンジーの栞と一緒に
「どこにしまっておこうか。。。」
只今考え中です。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
布張りの本って最近見ないね。
子供の頃は色々持ってたけど、もう残ってないなぁ。

パンジーが何年前に挟まれたものなのか、
どこの国で挟まれたものなのかワクワクする。
素敵なサプライズでしたー☆
Mica
2017/01/07 00:45
Micaちゃん!!こんにちは!!
今年もよろしくね(^_-)-☆
そうなのよ〜(^^)
長男とパラパラとめくってて、見つけてね!!
もしかして実は、サイトの方のプレゼントだったりして(笑)
それは、それで細かい気遣いで嬉しいような、、、
夢が現実で寂しいような、、、
でも、かなり古めかしい色なの!!
ホントのところ、知る由もないけど
どんなんだろね〜( *´艸`)
moco+
2017/01/08 17:20
とっても素敵なお話ですね。ご無沙汰しております、かおりんです。
百年前の方がどんな思いでお気に入りの本にパンジーの押し花をはさまれたのか、考えはじめると眠れなくなりますね。しかも、多少は色褪せてはいるものの形がきれいなままで・・・素敵。
縁あって今、moco+さんのお手元に廻ってきたのですから、お大事になさってくださいね。
かおりん
2017/01/19 08:50
かおりんさん!!こんばんは☆彡
ご無沙汰しております(#^^#)
そうなんです!!
女性だったら、幼い頃とか一度は、本に挟んで押し花を作った事があると思うのですが、
案外忘れたままになったりしますよね。。。
かおりんさんが言われるように、
それも一つの縁であって、外国の必要な物だけをシンプルに選んで、物を大切にする習慣まで感じてしまいました。思いがけない素敵な出会いとなりました。
かおりんさんと、かれこれなかなか、お会い出来ませんが、いつかお会いできましたら嬉しいです(^^♪
moco+
2017/01/23 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
百年の時を経て・・・ moco+ accessory/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる